古物の基本

古物とは、次のものをいいます。

  1. 一度「使用」された「物品」 (注1・2)
  2. 使用されない物品で、使用のために取引されたもの
  3. 上記1又は2の物品に「幾分の手入れ」をしたもの (注3)

(注1) 「使用」とは、その物本来の目的に従ってこれを使うことをいいます。例えば、衣類についての「使用」とは着用すること、鑑賞的美術品についての「使用」とは鑑賞することです。

(注2) 「物品」には、例えば、商品券、乗車券、郵便切手などの金券類は含まれますが、船舶、航空機、工作機器などの大型機器は含まれません。
(もちろん、一般の乗用車は含まれますよ!)

(注3) 「幾分の手入れ」とは、物の本来の性質、用途を変えずに、修理等を行なうことをいいます。

※ なお、古物について、法令では、以下の13種類に分類されています。

1 美術品 書画、彫刻、工芸品等
2 衣類 和服類、洋服類、その他の衣料品
3 時計・宝飾品類 時計、眼鏡、宝石類、装身具類、貴金属類等
4 自動車 その部分品を含む
5 自動二輪車及び 原動機付自転車 これらの部分品を含む
6 自転車類 その部分品を含む
7 写真機類 写真機、光学器等
8 事務機器類 レジスター、タイプライター、計算機、謄写機、ワードプロセッサ、ファクシミリ装置、事務用電子計算機、ビジネスフォン等
9 機械工具類 電機類、工作機械、土木機械、化学機械、工具等
10 道具類 家具、じゅう器、運動用具、楽器、磁気記録媒体、蓄音機用レコード、磁気的方法又は光学的方法により音、影像又はプログラムを記録した物等
11 皮革・ゴム製品類 カバン、靴等
12 書籍
13 金券類 商品券、乗車券及び郵便切手並びに証票その他の物


相談したいこと、ご不明な点や疑問があるという方は、下記のいずれかの方法で、

お気軽にお問い合わせください!(相談料:初回無料)

お電話
027-257-4170受付時間:月から金の9時~18時
F A X
027-257-4170受付時間:24時間、365日受付

受付時間:24時間、365日受付