古物営業を行なう者は、次のの3つに分類されます。

  1. 古物商
  2. 古物市場主
  3. 古物競りあっせん業者

このうち、1.2.は、許可を受ける必要があり、3.は届出を提出する必要があります。